歯についてしまう汚れ | 歯医者ではどうやって着色汚れを取る?

気になる人必見!着色汚れは歯医者で落とそう

ホワイトニングやクリーニングを利用して着色汚れを落とす

食べ物の汚れを落としたい

ワインやカレーやなどは、着色汚れがつきやすいと言われています。
それらを頻繁に摂取している人は、自分の歯が汚くなっていないか定期的にチェックする必要があります。
着色汚れがひどくなっていたら、歯医者に行きましょう。
このような着色汚れは、ホワイトニングで綺麗に落とせます。

歯医者では専用の薬剤を使い、歯の表面についた着色汚れを浮かび上がらせます。
自宅でもホワイトニングができますが、歯医者では自宅で使う薬剤よりも強力なので、効果が大きいと言われています。
また歯医者で行うホワイトニングは、医師が全ての施術を進めてくれるので楽です。
失敗するリスクが低い面もメリットですね。
身だしなみを整えるためにも、定期的にホワイトニングを受けましょう。

タバコを吸っている人

普段から頻繁にタバコを吸っている人は、着色汚れがひどくなりやすいです。
この場合の着色汚れは食べ物とは異なり、ホワイトニングでは期待した効果をあまり発揮できません。
タバコのヤニ汚れを落としたい場合は、クリーニングを受けるのが良い方法です。
ヤニ汚れだけでなく、歯垢や歯石も専用の機器によって落とせるので、歯が白くなったと実感できるでしょう。

歯垢や歯石が溜まっていると虫歯や歯周病の原因になりやすいので、病気を防ぐためにもクリーニングを受けるのがおすすめです。
ヤニ汚れは特に目立つので、他人から見られるかもしれません。
特に人と会う機会が多い職業の人は仕事の妨げにならないよう、歯のメンテナンスに気を配りましょう。


この記事をシェアする